相変化材料PCMとは?

PCMイメージ

PCM PACは吸熱で適正温度を保ちます

スマートフォンの高負荷利用で、様々な不具合を引き起こす発熱。スマートフォンの冷却に放熱で冷却するPCM PACが効果的です


潜熱利用の熱対策素子

固体から液体へ、液体から固体へ、物質の状態が変化する際には、大きなエネルギーの出入りがあります。氷を鍋に入れて火にかけてもなかなか溶けません。それは、氷が溶けきるまで相当の熱を吸収し、その間は温度上昇しないということです。PCM素子はこの作用を利用し、機器本体の発熱や周囲の温度上昇を、特定の温度域で抑えるのです。逆に、温度の下降を制御することもできます。

エネルギー消費ゼロ

PCMは、他の冷却・加熱ユニットのように、電力などの外部エネルギーを必要としません。たとえば、昼間に周りの熱を吸収しながら融けて、夜間の自然冷却で固体に戻るなどエネルギー消費ゼロで、時代に合ったエコ商品化が可能です。


繰り返し使用可

PCMは、物質の溶解と固形化という相変化を繰り返すだけなので、長期間、何度でも利用が可能です。寿命はとくにありませんが、3年程度での交換をおすすめしています。その間はまったくエネルギー不要、メンテナンス不要、故障なしです。

適正温度を保持

PCMの相変化温度は7℃〜70℃まで8段階用意してあります。相変化温度の選択と設置する量により、周囲の温度変化を制御します。冷やしすぎたり暖めすぎることなく、適温保持が可能です。

またPCMを用いると、温度勾配が緩くなるのも特徴で、温度上昇時も下降時も緩やかに温度が変化するため、急激な温度変化を避けたいケースにも有効です。


温度の上昇を制御する場合温度の下降を制御する場合

照準温度は8種類

  PCM-C7 PCM-C21 PCM-C24 PCM-C28 PCM-C32 PCM-C48 PCM-C58 PCM-C70
動作範囲 0〜+15 +15〜+30 +15〜+30 +20〜+35 +25〜+40 +40〜+60 +50〜+65 +60〜+75
相変化温度 7 21 24 28 32 48 58 70
最大許容温度 35 35 40 45 45 65 70 85
貯熱容量 Wh/kg 69
(0〜15℃)
68
(15〜30℃)
75
(15〜30℃)
90
(20〜35℃)
90
(25〜40℃)
95
(40〜60℃)
138
(50〜65℃)
125
(60〜75℃)
溶解潜熱 Wh/kg 49 48 58 64 64 68 117 110
比熱 Wh/℃・kg 1 1 1 1 1 1 1 0.58
比重 Kg/l 1.40 1.38 1.38 1.42 1.42 1.36 1.46 1.40
熱伝導性 W/m/℃ 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7 0.5〜0.7

こんなケースの熱対策に適しています

繰り返す温度差の制御

昼夜の気温変化など、温度の上昇・下降を繰り返す環境は、PCMの活躍の場です。温度上昇の制御だけでなく、下限制御(特定温度以下にならないよう)にも用いることができます。


断続的な発熱対策

点滅する発光体や、ON/OFFを頻繁に繰り返す機器など、断続的な発熱にも、PCMは力を発揮します。断続の頻度により、PCMの量を加減することで、温度を安定させることができます。



一時的な熱対策

頻度の少ない一時的な熱対策のために冷却装置を導入することは、過剰投資になりがちです。PCMなら、外部入力や制御の心配もなく、設置しておくだけで一時的な過熱を防止できます。


急激な温度変化の緩和

PCMは相変化しながら温度変化を緩やかにすることができます。結露防止や品質変化、劣化の防止などに適しています。電源や大きなスペースを要しないため、小さな投資で課題解決が可能です。



こんなところで利用されています

砂漠のエアコンとして

日中高温になる砂漠では、電気不要のクーラーとして使われるケースがあります。夜間に気温が下がると固形化し機能回復します。

精密機器の梱包材に

搬送中の温度変化や結露防止対策として、精密機器の梱包にも用いられています。回収可能な場合は、繰り返し再利用できます。


熱所での人体保護に

溶鉱炉や発電所などの熱所作業時や、熱中症対策として、クールベスト(弊社取り扱い製品)などに使用されています。


屋外の観測機器に

屋外観測機器の本体からの発熱対策や、外気温からの熱保護に利用されています。電源のない山間部や無人島でも力を発揮します。


御社の新製品をいっしょに開発しませんか?

日本ブロアーでは、既製品の提供の他に、お客様の要望により共同開発した特注品の提供においても多くの実績があります。

昨日できなかったことが今日はできるというケースも、技術の分野ではよくあります。無理難題と思われても、他社でできないと断られたケースであっても、まずは一度、お気軽にご相談ください。ものづくりに関わる人間の誇りと誠実さを持って対応いたします。

「こんなことができたらいいな」という夢を共有し、社会に貢献する製品をいっしょにつくっていきましょう!


今なら資料請求いただいた方全員に「新製品考案ノート」をプレゼント! PCMを活用した新製品を開発するためのヒントがたくさん詰まっています。御社の新製品開発や製品改良の手助けとなる一冊です

お問い合わせは、TEL 03-3251-3511またはsales1@nipponblower.comまで


多目的なPCMパックも用意しております

PCM-PAC在庫品

●評価キット(有償)を用意しておりますので、ぜひご利用ください。

型番 相変化温度 内容量 大きさ縦 × 横 × 厚み パック材質 評価キット同梱数
PCM-C7-200G 7℃ 200g 80×200×(10)mm アルミ箔 1
PCM-C24-200G 24℃ 200g 80×200×(10)mm アルミ箔 1
PCM-C28-75G 28℃ 75g 80×90×(8)mm アルミ箔 2
PCM-C32-150G 32℃ 150g 80×150×(10)mm アルミ箔 0
PCM-C32-200G 32℃ 200g 80×200×(10)mm アルミ箔 1
PCM-C48-400G 48℃ 400g 125×300×(14)mm アルミ箔 1
PCM-C58-500G 58℃ 500g 120×300×(18)mm アルミ箔 1
PCM-C70-500G 70℃ 500g 125×300×(18)mm アルミ箔 1

上記在庫品は、パンフレット発行時の標準在庫品です。需要により、標準在庫品が変更になる場合があります。在庫品以外は、受注生産となります。詳しくは営業部までお問い合わせください。また、ご要望により、ご希望のサイズ、ご希望の容器に充填することもできます。


DMM.make 自分で創る スマホとPCM-PACをマウントするケースを自作(Xperia, iPhone用)

PCM-PACをスマートフォンにマウントできるケースの3DデータをDMM.make上へ公開いたしました。
対応機種はお客様のご要望などが多い場合拡充予定です。ぜひご意見をお寄せください。


ページの先頭へ戻る